飼いやすいペットの生後時期

ペットくすり

人づきあいもそうですがペットと飼い主にも相性があり、生理的に受け入れることができないというケースもあります。初めてである時期にも今後の付き合い方に影響が出ることもあります。ペットを飼う場合にはそのペットが生後どれぐらい時期がたっているかでも変わってくるものです。

 

生まれて間もないペットなら刷り込み効果というものがあり飼い主になつきやすい環境にあるといえます。その反面これからペットの人生を考えなければいけないため責任が大きく飼い主にかかりますし、生後時間がたっているペットだとすでに性格などが掲載されているので初対面でなつくことができなかった場合には飼い主との関係を修復するのが難しいケースもあります。

 

初心者でも一番買いやすい時期と言うのが生後2か月後半から3ヶ月前半だといわれています。すでに離乳しているので食事にそれほど気にかける必要もなく、また、優しく接してあげるだけで、ほとんどの犬は初心者飼い主にでもなついてくれると考えられています。

 

またこの時期はペットの体毛もふさふさとしてきて一番かわいらしい時期だともいえます。飼い主の立場からもその愛くるしいペットを眺めているだけでかわいがる気持ちが自然と湧き出てきて、これからもずっと一緒に生活をしていけるというものです。

 

犬の場合は初めてのワクチンを接種させるのもこの時期です。一般的には生後1か月半ほどでワクチンを接種して、また、1か月後にもう一度ワクチンを打ちます。そうすることで、もう外へ出ることが出来ます。ペットショップに並ぶのもこの時期のものが多く、はじめてペットを飼うのならワクチンが済んでいるペットを選ばれるといいでしょう。ペットくすりでもペットの飼い方についてのご質問にお答えすることができます。