日本犬の歴史

ペットくすり

犬は日本人特大から生活を共にしてきました。ある時は猟犬として、現在では、家族同然ペットとして飼われています。

 

日本の犬の期限を調べてみると、様々な説があるようです。狼が犬化した説、絶滅した野生の犬が残っていた説、狼との交雑説などがあります。遺伝子的な研究が進むと、日本犬のルーツもわかってきたようです。どうやら、東アジアに生息していた小型の狼が犬化したといわれているようです。

 

その頃は、日本列島と大陸がまだ陸続きだった時代だったので、日本犬の祖先が入り込んだのはこの時期のようです。

 

日本犬の中でも柴犬は歴史が古く、存在が確認されているのは紀元前2万年ほど前のようです。日本はこの時代は縄文時代であり、このころから人間とイヌは共存をしていたのでしょう。

 

日本人が柴犬を好ましく感じるのは、長い間共存してきたことが、遺伝子レベルで刷り込まれているからではないかとも言われています。

 

このように柴犬は長い間、あまり姿を変えずに人間と生活を共にしてきたともいえます。

 

ペットとして飼われている柴犬をかわいがる飼い主さんはたくさんいます。柴犬があまり病気にならないのも、昔から日本の気候で生活してきたからとも得いますね。